小説

中村文則「教団Ⅹ」を読んで!カルト教団とは?

投稿日:2019年6月6日 更新日:

こんにちは!瀬尾大作です。

今回は、中村文則さんの小説「教団Ⅹ」について書いてみたいと思います。

単行本で567ページのこの超大作小説「教団Ⅹ」!を一言で言うことはできません。

ただ、これを読めば、靖国神社などの日本の歴史、世界の歴史から政治、軍事産業などの経済、インドなどの文化、小さな(ミクロ)世界、大きく(マクロ)の世界、宇宙の成り立ちまで幅広く学ぶことができます。

政治に関する書きづらいこと、書きにくいことを正直に書かれている良書だとも言えます。

小説「教団Ⅹ」

小説「教団Ⅹ」

世界中に、世界中の人が食べるのに困らない食料があるのに、なぜ食糧不足で餓死する人が大勢いるのか?

そういった疑問に答えてくれる読み応えのある本です。

「無知は悪。強制は罪。」という僕の好きな言葉があります。

「教団Ⅹ」のような知識の豊富な良書を読むことは大変良いことだと思います。

 

主な登場人物

楢崎透…特に取り柄のないもてない男。読書好き。

松尾正太郎…宗教アマチュア研究家の教祖。戦争経験から歴史を学び、宗教を研究しつつ、座禅を組み悟りを開く。

松尾芳子…松尾正太郎の妻。

沢渡…宗教アマチュア研修所から、高学歴者十数人を引き抜き「教団Ⅹ」を設立。「教団Ⅹ」の教祖。本人も高学歴で医者。医者として命を救う反面、殺人を繰り返し悟りを開く強者。

高原…子供の頃、栄養失調症で発見された経験がある。

立花涼子…読書好きで楢崎透と知り合った女性。

高原と立花涼子は、義兄妹。

峰野…宗教アマチュア研修所の奇麗な女性。

小牧…宗教アマチュア研修所のかわいい女性。

 

宗教に関することが書かれています。

「教団Ⅹ」は、信者さんが200人!どちらかと言えば小さな教団です。

小さな教団ですが、出家している信者さんが多いのが特徴です。

小さい教団なのに、出家している信者さんが多い!

そうなると、やはり、カルト集団というイメージが強い。

 

カルト教団と言えば、1995年(平成7年)3月20日に起きた地下鉄サリン事件、東京都で発生した同時多発テロ事件をどうしても思い起こさせる。

この物語も、同時多発テロ事件を扱っていて、地下鉄サリン事件を彷彿させます。

オウムの起こした一連の犯罪から破壊活動防止法が生まれました。

とても重要な法律です。

しかし、冤罪、法律の悪用や乱用は良くない。

 

報道の自由で、どうやって犯人が捕まったのか?を報道してしまっているから、犯人はそういったへまをしなくなる。

犯人はへまをしなくなるので、なかなか犯人が捕まらないという悪循環に陥っているようにも思います。

そんな中、とても良い本に巡り合えて大変満足しました。

皆さんもぜひ読んでください。

僕のおすすめの本です。

 

それでは、どうも最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-小説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小説・禁色

三島由紀夫「禁色」を読んで!美輪明宏さんて男色家なの?

瀬尾大作です。 今回は、三島由紀夫さんの小説「禁色」について書いてみたいと思います。   「禁色」は、一言で言うと、読書の修行です。 少なくとも僕にとっては!!! とにかく、読みずらい。 & …

本・火花

又吉直樹「火花」を読んで!お笑い芸人のリアルを実感!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、又吉直樹さんの「火花」について書いてみたいと思います。 本・火花   又吉直樹さんの「火花」は、2015年上半期に第153回・芥川賞を受賞し、単行本だけで …

サラバ!

西加奈子「サラバ!」を読んで!明石家さんまが西加奈子の小説をすべて読んだ理由とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、西加奈子さんの小説「サラバ!」について書いてみたいと思います。 「サラバ!」は、2015年の直木三十五賞受賞作です。   そもそも、どうして読もうかと思っ …

本・1Q84.2

村上春樹「1Q84」を読んで!「青豆」と「天吾」のその後は?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、村上春樹さんの小説「1Q84」について書いてみたいと思います! 本・1Q84.1   僕は、村上春樹さんの有名な「ノルウェーの森」、「海辺のカフカ」などを …

天才はあきらめた

横山玲奈(モー娘)が大好き!山里亮太「天才はあきらめた」を読んで!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、南海キャンディーズの「山ちゃん」こと山里亮太さんの小説「天才はあきらめた」の本について書いてみたいと思います。   僕は、お笑いが大好きで、お笑い芸人さん …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク