小説

横山玲奈(モー娘)が大好き!山里亮太「天才はあきらめた」を読んで!

投稿日:2019年5月25日 更新日:

こんにちは!瀬尾大作です。

今回は、南海キャンディーズの「山ちゃん」こと山里亮太さんの小説「天才はあきらめた」の本について書いてみたいと思います。

 

僕は、お笑いが大好きで、お笑い芸人さんの書籍も読ませていただいております。

山里亮太さんの「天才はあきらめた」を、一言でいうと自己啓発本です。

芸人さんの厳しい世界をリアルに描いた有名で映画化もされた劇団ひとりさんの「陰日向に咲く」や芥川賞を受賞した又吉直樹さんの「火花」と少し違います。

もちろん、「陰日向に咲く」や「火花」はとても面白く傑作だと思います。

天才はあきらめた

天才はあきらめた

しかし、どちらかというと、というかとても島田紳助さんの「自己プロデュース力」の方が本の内容が近いです。

どうしたら、厳しい「お笑いの世界」で成功できるのか?を山里亮太さん自身の体験や心理を通して分かりやすく書かれています。

そして、その内容に僕はとても共感しています。

一言で言うと、成功をするための努力をする。

その一言!

 

うまくいけば、それを自信貯金をする。

思い通りにいかなければ、自信貯金を取り崩す。

うけなかったところを修正する。

自分のことを酷評する人には、それを見返すためにその酷評を怒りのガソリンにしてネタを作る。

本の中でいつか見返してやるぞ!ということをリアルに書いています!

実際、本の中では、ネタを作る場面がこれでもか?と出てきます。

自分の努力を褒める。

 

その努力というのは、ネタ作りや相方とのネタ合わせです。

最初に、劇場でネタ見せをする機会を得ることがこれほどまでにハードルが高いのか?ということが書かれています。

なので、最初から劇場の楽屋でネタ合わせなどできるわけがありません。

近くの駐輪場、カラオケボックスや劇場の階段の片隅でネタ合わせをするのです。

それと、お笑いの世界はお笑いの賞をとっても、それだけで売れていくという甘い世界ではないということです。

僕の大好きな明石家さんまさんも言っていますが、毎日がオーディション!常に新しいことを取り入れなければお客さんにすぐに飽きられてしまう厳しい世界です。

山ちゃんがNSCに入学した年、同じ吉本興業に入学した人は、東京で600人、大阪で600人いたそうです。

それが一年で経って卒業するころには、同期は100人だったそうです。

福沢諭吉さん40人ほどの同行も必要だったのに!!!

しかも、卒業試験は、ネタ見せ!

 

授業中ネタ見せの機会に、ネタ見せしない人は、しどろもどろになるらしいとか!

昔から言われていますが、勉強は、「読み、書き、そろばん」。

これは、人生で成功するための大切な要素だと思います。

当然のように、お笑いでもこの法則が当てはまると思います。

山里亮太さんは、この「書く」ことを上手に使って成功を手にしているんだなと思いました。

そして、この「書く」ことはとても大切です。

なので、僕も、積極的にメモを取りたいと思います。

 

それでは、どうも最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-小説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本・ナオミとカナコ

奥田英朗「ナオミとカナコ」を読んで!広末涼子、内田有紀ダブル主演!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、奥田英朗さんの小説「ナオミとカナコ」について書いてみたいと思います。 本・ナオミとカナコ 僕の中で、奥田英朗の小説と言えば、2004年に第131回直木三十五賞を受賞 …

本・1Q84.2

村上春樹「1Q84」を読んで!「青豆」と「天吾」のその後は?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、村上春樹さんの小説「1Q84」について書いてみたいと思います! 本・1Q84.1   僕は、村上春樹さんの有名な「ノルウェーの森」、「海辺のカフカ」などを …

本・火花

又吉直樹「火花」を読んで!お笑い芸人のリアルを実感!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、又吉直樹さんの「火花」について書いてみたいと思います。 本・火花   又吉直樹さんの「火花」は、2015年上半期に第153回・芥川賞を受賞し、単行本だけで …

小説「教団Ⅹ」

中村文則「教団Ⅹ」を読んで!カルト教団とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、中村文則さんの小説「教団Ⅹ」について書いてみたいと思います。 単行本で567ページのこの超大作小説「教団Ⅹ」!を一言で言うことはできません。 ただ、これを読めば、靖 …

小説・漁港の肉子ちゃん

西加奈子「漁港の肉子ちゃん」を読んで!明石家さんまが映画化した理由とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、西加奈子さんの小説「漁港の肉子ちゃん」について書いてみたいと思います。    僕は、明石家さんまさんが大好きです。 なので、明石家さんまさんが、パーソナリ …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク