小説

三島由紀夫「禁色」を読んで!美輪明宏さんて男色家なの?

投稿日:2019年12月18日 更新日:

瀬尾大作です。

今回は、三島由紀夫さんの小説「禁色」について書いてみたいと思います。

 

「禁色」は、一言で言うと、読書の修行です。

少なくとも僕にとっては!!!

とにかく、読みずらい。

 

ただ、面白くなくて読みずらいのではありません。

それどころか、とても知的でオシャレで物凄く面白いです。

小説・禁色

小説・禁色

 

「禁色」は、昭和26年1月から昭和28年9月年に書かれた三島由紀夫さんの長編小説6作目の小説にして代表作です。

なので、文体が古くて、言い回しが分かりずらいのです。

慣れない難しい漢字も出てきます。

 

文字もびっしりと詰まっていて、なかなか進みません。

本を読むというよりは、活字をひたすら追い続ける、そんな感じです。

ページ数は、700ページ近くあります。

 

今まで読んだ小説の中で、100ページ当たりの読む時間が一番長い本だと思います。

なので、読んでも読んでもなかなか前に進みません。

三島由紀夫さんと言えば、美輪明宏さんを思い出します。

 

美輪明宏さんの話では、生前、三島由紀夫さんとよくお食事をお話をされていたようです。

美輪明宏さんも、品の良い、オシャレなお話をされますよネ!

 

続いて内容です。

女に裏切られ続けた老作家・檜俊輔。

檜俊輔は、小説家とういうより文豪です。

生涯で世に出た書物を、20巻の全集にまとめ、その記念パーティーも開かれるほど売れた作家さんです。

その檜俊輔が、女を愛せない同性愛者の南悠一と共謀して、鏑木夫人と穂高恭子への復讐を企てます。

南悠一は、女を愛せない同性愛者なのに、康子という奥さんがいます。

 

ここが矛盾してるって言えば、矛盾しています

しかし、その理由が簡単で、南悠一は、超美青年なのです。

なので、妻康子から半ば強引に求婚されて結婚したということです。

それで、南悠一自身も妻康子に恨みを持っていて、復習を企てます。

ここまで読むと、不幸な結末が待っていそうな雰囲気になってきます。

しかし、それが、実はハッピーエンドなのです。

 

人間は心も精神も成長していきます。

心理小説と言われているそうですが、人の心の成長の描写が非常によく書かれています。

そもそも、南悠一の周りにいる人は、お金持ちで品の良い人が多いです。

言葉使いも良いし、持っているものも良いものばかり!

 

考え方が良いから、人生がうまくいくのか?

人生が浮かくいくから、考え方が良いのか?

周りの環境が良いと、すべてはうまくいくような、そんなことが疑似体験できる良い小説だと思います。

皆さんも、ぜひ読んでいただければなと思います。

 

それでは、どうも最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-小説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サラバ!

西加奈子「サラバ!」を読んで!明石家さんまが西加奈子の小説をすべて読んだ理由とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、西加奈子さんの小説「サラバ!」について書いてみたいと思います。 「サラバ!」は、2015年の直木三十五賞受賞作です。   そもそも、どうして読もうかと思っ …

本・1Q84.2

村上春樹「1Q84」を読んで!「青豆」と「天吾」のその後は?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、村上春樹さんの小説「1Q84」について書いてみたいと思います! 本・1Q84.1   僕は、村上春樹さんの有名な「ノルウェーの森」、「海辺のカフカ」などを …

小説・漁港の肉子ちゃん

西加奈子「漁港の肉子ちゃん」を読んで!明石家さんまが映画化した理由とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、西加奈子さんの小説「漁港の肉子ちゃん」について書いてみたいと思います。    僕は、明石家さんまさんが大好きです。 なので、明石家さんまさんが、パーソナリ …

小説「教団Ⅹ」

中村文則「教団Ⅹ」を読んで!カルト教団とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、中村文則さんの小説「教団Ⅹ」について書いてみたいと思います。 単行本で567ページのこの超大作小説「教団Ⅹ」!を一言で言うことはできません。 ただ、これを読めば、靖 …

本・ナオミとカナコ

奥田英朗「ナオミとカナコ」を読んで!広末涼子、内田有紀ダブル主演!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、奥田英朗さんの小説「ナオミとカナコ」について書いてみたいと思います。 本・ナオミとカナコ 僕の中で、奥田英朗の小説と言えば、2004年に第131回直木三十五賞を受賞 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク