小説

西加奈子「サラバ!」を読んで!明石家さんまが西加奈子の小説をすべて読んだ理由とは?

投稿日:2019年7月17日 更新日:

こんにちは!瀬尾大作です。

今回は、西加奈子さんの小説「サラバ!」について書いてみたいと思います。

「サラバ!」は、2015年の直木三十五賞受賞作です。

 

そもそも、どうして読もうかと思ったのは、明石家さんまさんが映画プロデュースする西加奈子さんの「漁港の肉子ちゃん」を読んだのがきっかけです。

僕は、「漁港の肉子ちゃん」が面白かったから、同じ西加奈子さんの作品で直木賞受賞作があったので、ぜひ読んでみようと思い読ませていただきました。

「サラバ!」には、「アカシヤサンマ」という言葉が登場します。

明石家さんまさんが、かつて「MBSラジオヤングタウン」で話されていた「たまたま駅のホームで本を開いたら、アカシヤサンマと書いてあった!」という小説だったことを思い出しました。

サラバ!

サラバ!

明石家さんまさんは、この本が面白かったから、西加奈子さんの本をすべて読んだそうです。

僕も読んでみて、その気持ちが分かります。

ましてや、直木賞受賞作「サラバ!」に「アカシヤサンマ」の文字が書かれていたのですから、さんまさんは、「他にも書いてあらへんかな?」と、期待するのは無理ないと思います。

読んでいくと分かりますが、「サラバ!」の主人公の「圷歩(あくつあゆむ)」は、男性ですが、実は、「歩」は、作者の西加奈子さんご本人だと気付きます。

「歩」は、日本人ですが、圷家の長男としてイランで逆子で生まれます。

左足から、生まれてきました。

「歩」には、姉「貴子」がいます。

姉弟は、色々なパターンがあると思います。

僕の中では、「姉弟は、理想の兄弟だな!」と、読んだ時に思いました。

昔から、「一姫二太郎」という言葉があるくらいですから!!!

「一姫二太郎」とは、僕も間違えて覚えていたのですが、一人の女の子と二人の男の子と思っていました。

これは、はっきり言って、間違いです。

 

たぶん、僕のように勘違いされている方もおみえになるでしょう。

CBCラジオさんに教えていただいきました。

「一姫二太郎」とは、一人目に生まれた子が女の子で、二人目に生まれた子が男の子のケースです。

しかし、物語は理想的兄弟とは大きく異なり、お姉さんの「貴子」は、とんでもない個性の強い人だったのです。

子供の頃は、学校になじめず、いじめにあい、不登校になります。

大人になっても、引きこもりになります。

家の外に出れないだけではなく、自分の部屋からも出ることがありません。

風呂にも入らないので、悪臭がひどいです。

髪の毛は、もつれて髪を解くこともでき無くなる始末です。

そんなお姉さんも、紆余曲折しながら、自分の幸せを見つけていきます。

そして、「歩」は、そんなお姉さんに、「歩、あなたは、信じるものを見つけなさい。」と言われます。

「あなたには、芯がない。誰にも、左右されることのない芯を見つけなさい。」と!!!

 

僕はここで、僕の大好きな斎藤一人さん「自分探しの旅」を思い出しました。

これは、誰にでもあることだと思います。

もちろん、僕自身にもです。

「人に左右されない自分自身を見つける旅!」

「人に何を言われても動じない生き方!」

山崎ナオコーラさん「人のセックスを笑うな」にも通じるものがあると思います。

人生とは何か?

人の幸せとは何なのか?

「サラバ!」は、そんな「テーマ」を考えさせて頂ける一冊だと思います。

 

それでは、どうも最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-小説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

本・ナオミとカナコ

奥田英朗「ナオミとカナコ」を読んで!広末涼子、内田有紀ダブル主演!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、奥田英朗さんの小説「ナオミとカナコ」について書いてみたいと思います。 本・ナオミとカナコ 僕の中で、奥田英朗の小説と言えば、2004年に第131回直木三十五賞を受賞 …

小説・漁港の肉子ちゃん

西加奈子「漁港の肉子ちゃん」を読んで!明石家さんまが映画化した理由とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、西加奈子さんの小説「漁港の肉子ちゃん」について書いてみたいと思います。    僕は、明石家さんまさんが大好きです。 なので、明石家さんまさんが、パーソナリ …

本・火花

又吉直樹「火花」を読んで!お笑い芸人のリアルを実感!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、又吉直樹さんの「火花」について書いてみたいと思います。 本・火花   又吉直樹さんの「火花」は、2015年上半期に第153回・芥川賞を受賞し、単行本だけで …

天才はあきらめた

横山玲奈(モー娘)が大好き!山里亮太「天才はあきらめた」を読んで!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、南海キャンディーズの「山ちゃん」こと山里亮太さんの小説「天才はあきらめた」の本について書いてみたいと思います。   僕は、お笑いが大好きで、お笑い芸人さん …

小説「教団Ⅹ」

中村文則「教団Ⅹ」を読んで!カルト教団とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、中村文則さんの小説「教団Ⅹ」について書いてみたいと思います。 単行本で567ページのこの超大作小説「教団Ⅹ」!を一言で言うことはできません。 ただ、これを読めば、靖 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク