小説

西加奈子「漁港の肉子ちゃん」を読んで!明石家さんまが映画化した理由とは?

投稿日:2019年6月1日 更新日:

こんにちは!瀬尾大作です。

今回は、西加奈子さんの小説「漁港の肉子ちゃん」について書いてみたいと思います。 

 

僕は、明石家さんまさんが大好きです。

なので、明石家さんまさんが、パーソナリティを務めるラジオ番組「MBSラジオ・ヤングタウン」を毎週土曜日聞いています。

そこで度々出てくる「漁港の肉子ちゃん」!

小説・漁港の肉子ちゃん

小説・漁港の肉子ちゃん

 

「漁港のにっこちゃん、漁港のにっこちゃん」と聞こえましたから、「漁港のにっこちゃん」だと思っていましたが、小説を読むと「漁港のにくこちゃん」ということが分かりました!www

今度、明石家さんまさんが映画化したいということで、主役の二人「菊子」と「喜久子」の声優さんをオーディションで決定することを決定したそうです。

声優さんという言葉で分かるように、「漁港の肉子ちゃん」は、実写映画ではなくアニメーション映画です。

 

主役の「菊子」の紹介です。

38歳。太っていてブスで見にくい女性。

菊子さんが肉子ちゃんです。

菊子ちゃんのことを愛情込めて、周りの人たちは、「肉子ちゃん」と呼ぶのです。

小さな町の焼肉屋さん(うをがし)で働いています。

 

明るくて人気者。

単純で、人の言葉をすぐに信じてしまうお人好し!

男に騙されてばかりいます。

借金を背負わされては逃げられることを繰り返しています。

しかし、本を読んでいくうちに神様に思えてくる不思議な存在でもあります。

 

もう一人主役の「喜久子」の紹介です。

11歳。美人でスタイルが良い女の子。

クラスの中で、また学校の中で人気者。

読書が好きで、本をよく読みます。

バスケットボールが好きで、運動神経も良いです。

 

主役の2人は、対照的で似ていません。

当然です!親子として暮らしていますが、実は、血がつながっていません。

ここまで読んだ人は気づいたかもしれませんが、境遇が明石家さんまさんによく似ている!

実は、明石家さんまさんの育ての母親は、本当のお母さんではありません。

まま母です。

当たり前のことだけど、明石家さんまさんがどんな風に育てられたのかは僕には分かりません。

 

しかし、この小説を映画化したいと思われたということは、何か、幼いころの自分自身と重なるものを感じられたのではないか?と思われます。

あの明るさのヒントがこの小説に隠されているような気もします。

詳しい内容は、小説を読んで確かめていただきたいと思います。

また小説を読むことが苦手な人は、映画をぜひ見てほしい。

 

僕のお勧めの小説です。

本は、長編ですが、とても面白く、とても読みやすかった!

なので、すぐに読み終えました。

 

平凡な日常生活を描きながら、最後は、涙が止まらない。

そもそも平凡な日常って何なのか?考えさせられます。

そんな小説を書ける西加奈子さんは、天才です。

 

それでは、どうも最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

また、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


-小説
-,

執筆者:


  1. 西山祐子 より:

    声優のオーディションに、応募したいのですが、何処に、どのように、応募したら良いのでしょうか⁉️

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小説「教団Ⅹ」

中村文則「教団Ⅹ」を読んで!カルト教団とは?

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、中村文則さんの小説「教団Ⅹ」について書いてみたいと思います。 単行本で567ページのこの超大作小説「教団Ⅹ」!を一言で言うことはできません。 ただ、これを読めば、靖 …

天才はあきらめた

横山玲奈(モー娘)が大好き!山里亮太「天才はあきらめた」を読んで!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、南海キャンディーズの「山ちゃん」こと山里亮太さんの小説「天才はあきらめた」の本について書いてみたいと思います。   僕は、お笑いが大好きで、お笑い芸人さん …

本・火花

又吉直樹「火花」を読んで!お笑い芸人のリアルを実感!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、又吉直樹さんの「火花」について書いてみたいと思います。 本・火花   又吉直樹さんの「火花」は、2015年上半期に第153回・芥川賞を受賞し、単行本だけで …

本・ナオミとカナコ

奥田英朗「ナオミとカナコ」を読んで!広末涼子、内田有紀ダブル主演!

こんにちは!瀬尾大作です。 今回は、奥田英朗さんの小説「ナオミとカナコ」について書いてみたいと思います。 本・ナオミとカナコ 僕の中で、奥田英朗の小説と言えば、2004年に第131回直木三十五賞を受賞 …

小説・禁色

三島由紀夫「禁色」を読んで!美輪明宏さんて男色家なの?

瀬尾大作です。 今回は、三島由紀夫さんの小説「禁色」について書いてみたいと思います。   「禁色」は、一言で言うと、読書の修行です。 少なくとも僕にとっては!!! とにかく、読みずらい。 & …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク